目立たない入れ歯「ノンクラスプデンチャー」とは

nonmetal

虫歯や歯周病で歯の一部を失ってしまった場合に、部分入れ歯を作ることがあります。

保険診療の一般的な入れ歯の場合、入れ歯を歯に固定するために金属のバネ(クラスプ)を使用します。
そのため「金属が目立って気になる」という点がありました。

泉中央ひろ歯科では金属バネを使用しない「ノンクラスプデンチャー」を取り扱っています。
金属バネの代わりにレジン(樹脂)製の素材を使うので目立ちにくく、装着したときの違和感も少ないです。

ノンクラスプデンチャーには次のようなメリットがあります。

  • 金属バネを使用しないので見た目が自然
  • 薄く軽く柔らかい装着感
  • 金属アレルギーの心配がない

患者様の顎の状態やかみ合わせによってノンクラスプデンチャーの寿命は様々ですが、楽しく快適に過ごせるように、泉中央ひろ歯科では患者様のお悩み・予算に合わせて最適な入れ歯をご提案いたします。

入れ歯のお悩みは泉中央ひろ歯科までお気軽にご相談ください。